« 2019年1月 | メイン | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月19日 (火)

遊ぶ脳

 東向きのリビングは朝の陽ざしが眩しい。天気予報は気温4度と伝えているが、リビングの中は暖かい。窓辺の棕櫚竹や羊歯やサンスベリア達も、日差しを弾いてころころと喜んでいる。最初は三鉢しかなかったのに、いつの間に増えたのだろうか。数えてみたら窓辺だけで十三鉢もあった。

おせち料理にも、晴れやかなテレビ番組にも、長い休暇にもすっかり倦んだ。家族は朝から出かけてしまったし、ジムに行くのもなんとなく気が向かない。コーヒーを淹れながら新聞を読んでいると、スマートフォンから鳥の囀る声がした。開くと田中君からの散歩の誘いだった。何を思ったのか、私は10分後に“反逆者”の名を冠した愛車のエンジンをかけていた。

田中君の家の前に着くと、玄関先で待つ田中君が、豆鉄砲で撃たれた鳩のような顔をしている。窓を開けると、「まさか、ジープで来るとは……」と絶句した。5分後には、また何を思ったのか、私は高速道路の料金所をくぐっていた。

「今朝の時事討論見た? あれじゃあハラリさんの云う認知革命以前の時代だね」田中君が言う。

「ん? 政治家の話に、分かち合うようなフィクションもないってこと?」私が聞き返す。

「分かち合うべきフィクションがないどころか、自己完結しちゃってるだけのファンタジーだよ。あれならAIの方がましじゃないかなあ。この政策は目的達成確立12%ですとか、国民の8%から支持を得られるでしょうとか、そういってくれた方がずっとましだよ。そしたら、ああ僕は8%のマイノリティーかって納得して、無駄に怒ったり、余計な希望を持たなくてすむんだし、もっと創造的な時間の遣い方ができるってもんだよ。」いつもは大人しい田中君だが、今日は少し怒っている。

AIなら失言もないんだろうね」と返事をしたら、昨夜の自分の失言を思い出して溜息が出た。

 とまれ私の握るハンドルは、ほぼ無意識の内に伊豆半島の方角に切られていった。これがAIの自動運転なら、田中君にとっても、こんな迷惑な事態にはならなかったのだろうなと思って、少し笑った。いやいや、そもそも田中君を車でさらったりしなかっただろうと、少し反省した。少しだけだが。

 

 人間は、実に器用な生き物である。針の穴に糸を通したり、あまつさえ縫物をする生き物などは、地球上には人間以外にいない。バレエダンスのような身体操作を自在にやってのける生き物も人間だけだ。それらはみな、大容量を得た脳の成せる業である。しかし、一日中、年がら年中、手足を器用に動かし続ける人間などお目にかかったことがない。大半は休んでいるのである。ではお休み中の脳はいったい何をして過ごしているのだろうか。おそらく遊んでいるに違いない。眠っている時に見る夢なども遊んでいるとしか云いようがない。人間の複雑な精神活動は、脳が自らの容量を持て余し、遊んでいたことで獲得されたものだと思う。

 その精神活動だが、とりわけ感情の生成が面白い。鉱物はどんな情報をインプットしても、何もアウトプットしない。話しかけても無駄である。植物は光と水と二酸化炭素をインプットすると、律義に養分を生成し酸素を排出する。話しかけたら酸素をくれるに違いない。知能が発達している哺乳類は、知覚したインプットに対してストレートに経験学習した一つの行動をアウトプットする。我が家の犬も実に従順なものである。

ところが人間の脳は、五感が一つのインプットを知覚すると瞬時に沢山の感情を生成するらしい。例えば、ドアを開けた時に床に人が横たわっているのを見たとする。しかも、近くには赤い液体がこぼれているとする。そんな光景をインプットされた脳は、危険なのか危険ではないのか認識できない段階では、恐怖という感情をつくるのと同時に好奇心という感情もつくっている。驚きとか、不安とか、嫌悪とか、そんな様々な感情が行き来する。で、そのどれかを選択すると、選択された感情が行為を引き出す。例えば、好奇心に駆られてつついてみるとか。そして、ただの酔っ払いが、トマトジュースをこぼして泥酔していた、などという落ちになる。

人間の脳は、それぞれの感情がもたらす結果を、過去の記憶と照会しながら予測し、比較して、選択する。そして、選択した感情に導かれて行動する。そのようにできているそうだ。

従って、人間の行動には必ず意味がある。どのような記憶を演算して、どの感情を選んだのか、という意味である。やっかいなことに大概は無意識の選択だ。しかも人間は、同時に複数の感情を生成するがゆえに、悩み、迷う。選択しなかった感情まで記憶されているそうで、奇特なことに、選ばれなかった感情までも、いちいちその後の選択に参加する。これら一連の精神活動を心というのだそうだ。

だとすれば、私の心はいったい何をしでかしたのだろうか。どうして田中君をさらってドライブなどしているのだろうか。このほぼ無意識の選択はいかなる感情の仕業なのか。きっと脳が何かを知覚して私の心が遊びだしたのだ。犯人は新聞か、窓辺の植物たちか、はたまたコーヒーの香りか。スマートフォンの広告だったらと思うと、少し嫌な気分になる。

以前、感情の数はどれだけあるだろうかと唐突に思いついたことがある。脳が遊ぶままにざっと数えてみたのだが、24個で諦めた。少し調べてみたことがあるが、感情は、母性本能と生存本能と知性との3つの幹から発生するという。そこから千々に枝分かれして増えていく。しかも、感情と感情をシェイクすると、全く別の感情のカクテルができるらしい。例えば、勇気という感情だが、それを生成するためには、恐怖と愛情と希望の3つをシェイクすることが必要になるのだそうだ。なるほど恐怖と縁遠い環境に棲むサラリーマンに、勇気を出してチャレンジを、と言っても難しいわけだ。

一方で人間は、自分が選んだ行動の意味をはっきりと自覚することもあるらしい。すると、その感情は意思になるのだとか。意思を伴って記憶された感情は、よく似た意思決定を繰り返すらしい。無意識の選択だけではないのだとほっとする。さては人間の脳には、感情生成システムと意思決定システムとの2つのOSがインストールされているのか、と思い当たる。無論、それだけではないだろうが、この推論には自分で納得した。自分で納得しているだけなので、もっとちゃんと調べてみなければならない。

そういえば、去年売れたと云われている商品は、どんな感情を引き出すことに成功したのだろう。隣で退屈そうにしている田中君に検索をしてもらうと、安室奈美恵、ドライブレコーダー、ペットボトルコーヒー、ZOZO、グーグルホームにアマゾンエコー、君たちはどう生きるか、aibo……。なるほど、失われる喜びへの焦燥感、回避したい不安、時代遅れになることへの恐怖など、次々と解りやすい感情の名前が出てくる。しかも上手にそれを煽っている。まだランキングを読み上げている田中君をおいてけぼりにして、売れなかったなあ、と思い出される商品を振り返ってみると、確かに何かの感情が湧いてくる気がしない。そうか、よい商品をつくると云うことは、感情生成のメカニズムをデザインすることなのだと自分の思いつきに満足する。更に、意思をもって選ばれるようになるとブランドになるのかと思いついてほくそ笑む。ふと我に返ると、隣の田中君が眉根を寄せて訝しんでいた。この思いつきについて田中君と議論してみようかと思ったが、面倒臭くなりそうなので、やめることにした。

 

コンピューターは、インプットされた情報からまっすぐに1つの答えを導き出す。植物のようなもので裏切らない。AIも同じで、人の感情は理解するが、迷うことも悩むこともなく1つの答えを導き出す。つまり、今のAIはまだまだアトムにはなれないし、それで良いのだろう。いちいち一緒に悩まれてはたまったものではないし、私のように毎度突拍子もないことを思いつかれても困ってしまう。しかし、どんなインプットをすれば、どんな感情が生まれるのかは、理解してくれるかもしれない。だとすれば、田中君よりましではないか。我が家にも是非一人、AIを買いたいものだと、私に、私の感情が命令した。

 

 そんな思いをとつおいつ、気が付けば、車は西伊豆の戸田の港町に到着していた。赤松の巨樹が林立する丸い入り江が美しい。運転していた自分の意識を思い出そうとしてみるが、とぎれとぎれで思い出せない。半ば眠ったような状態で運転しをていたのだろうか。実に危ないことである。

海辺の町は静かだった。戸田の港町は眠っているようだ。

方丈の庵

2019年2月 5日 (火)

農家を金のなる木にするためには・・・

 ここ最近、ほとんど目にすることがなくなった言葉に「食料自給率」があります。数年前のTPPへの参加是非で大騒ぎだった頃には、日本の農業が壊滅するだのと激しい論争が戦わされましたが、そのTPP反対派の拠り所になっていたのが、食料自給率でした。食料自給率を改善するには、農業従事者の増加に加え、農業従事者の若返りが急務ですが、職業としての農業は若者からは見放されて久しく、今後農業に飛び込んでくることはほとんど期待できないでしょう。

 農業、畜産業に代表される第一次産業の人気が無いのは、最先端であるようなイメージもなく、どこかカントリーを感じさせる雰囲気、なによりきつい肉体労働であること、そしてほとんど儲からないことなど、若者が魅力を感じる要素がほとんどない職業だからです。

 元々社会が発展するに従い、第一次産業就業者から高付加価値産業と言われる職業従事者のシフトが始まるのが経済学の定石ですが、人が生きていく上で絶対に無くならない、「食べる=エネルギー補給」という最も根幹部分を供給する産業が壊滅寸前というのは、国家にとって憂慮すべき事態ではないでしょうか。

 ここ数年で注目されることが多い大間のマグロ漁師なども高齢化は深刻です。一本釣り上げたら百万以上の実入りがあると言われていますが、そのようなケースは稀で、入漁期間や漁獲量の制限、操業できるのは天候次第などの収入の不安定さ、荒海に出て操業する危険と隣り合わせの職業であり、若者に人気があるとは言えません。これら第一次産業を人気の職業にすることはできないでしょうか?

 ここでは農業を中心に、若者が続々と飛び込んでくるような策を考えてみたいと思いますが、わかりやすいのはネガティブに感じる部分を払拭することです。

 まず、きつい肉体労働である点ですが、GPSやAIなどのITによる農業機器の発展で、機械化できる範囲が確実に増えており、以前よりはきつさは緩和されてきています。特に労働集約型の仕事のきつさ度合いは、得られる対価によって変わってきます。後述する方法で農業が儲かるビジネスに変貌すれば、労働の対価として高額な報酬が期待できる高収入職業ということになり、きついから従事しないというマインドは希薄化されることになります。

 次にほとんど儲からないという点についてですが、農業が儲からない要因は大きくわけて2つあります。一つ目は、生産者に価格決定権がないことです。価格は需要と供給のバランスで決まりますが、農業にはこの図式が当てはまりません。製造業であれば標準小売価格(またはオープン価格)は生産者が決めます。しかし農業は、JAを通して出荷することがほとんどで、その場合は一括してキロ○○円という形で買い付けられることになりますが、その際の買値は、買い付け側が市場の状況を見て決めることになります。生産者が○○円で売るという希望が反映されることはありません。

 このような仕組みができあがったのは、農家が個別に営業(販売)する機能を持たなかったため、地場のJA(旧農協)が農家をとりまとめて営業機能を一手に引き受けたことにあります。営業だけでなく、農家を支援するという大義の下で、農家にとって面倒な業務である、物流(市場までの配送)、金融(現金化)業務も代行し、さらには農業指導、共済事業や物販まで担うようになり、JAに任せておけば大丈夫というような広範囲なサービスを提供するようになりました。これによって、農家は生産活動に集中できるようになりましたが、その代償として価格決定権を放棄(JAに委ねる)することになったのです。

 JAでは生産した物を、基本的には総量買い付けするので、生産者は在庫や売れ残りの心配が無いことなどのメリットがありますが、極めて安く買い付けられてしまうこと、一括して同価格での買い付けになるので、個々の農家が努力して品質のよいものを生産したとしても、その努力や工夫が報われないという結果になり、農業を儲かりにくい産業にしてしまいました。実際に、最終的な小売価格は小売業が店に並べる値段となりますが、生産者が出荷した価格よりも数倍以上の価格が設定されることになります。

 もう一つは、日本の消費者の知識不足があります。国内の農家が育てた農産物は、諸外国産の農産物に比べて格段に安全で高品質であることの実態を知らないと言うことです。単に無農薬や有機農法ということではなく、農産物の生産に欠かせない豊かできれいな水、汚染が極めて少ない空気や土壌がもたらす環境が、日本の農産物の品質を高めることにつながっています。しかしコストに敏感な消費者は、国産よりも価格の安い(農水省の基準を満たした農薬や肥料を使用した)外国産の農産物が大多数を占めるようになっています。国産は「良い品物であるが高い」という部分の、「良い品物」のレベル感が外国産とは比較にならないということなのですが、日本の消費者はその点を理解して高い国産を買えばよいのですが、そうはならないでしょう。

  この2点をクリアすることができれば、日本の農業は一転して儲かる産業に変貌することになります。その方法とは、生産者がJAなどを通さず直接販売すること、そしてその販売先として海外の富裕層をターゲットにすることです。直接販売(直販ルート)は手間がかかりますが、価格決定権は生産者側にあり自身の生産した農産物の品質に見合った価格設定が可能になります。

 また、海外の富裕層は日本の高品質な農産物のことを日本人以上に知っており、高い価格設定でも喜んで買っていきます。まずは、中国の富裕層をターゲットにするとよいでしょう。一説には中国には3000万人以上の富裕層といわれる人たちがいると言われています(日本の人口の25%に匹敵する富裕層が存在しているというのは驚くべきこと)。彼らは自国で生産される農産物の危険性を知っており、ほとんど口にしないといいます(自国の農業環境は、土、水、空気のすべてが汚れており、そこで生産される農産物は危険だという認識)。その点、日本などで生産される農産物は安全高品質なので、プレミア価格で取引され富裕層や高級レストランに運ばれているのです。その量は富裕層の需要には全く対応できていないので、中国人バイヤーが日本で直接買い付けることもあり取引価格は過熱気味です。

 例えば、日本の和牛は中国でも大人気で高い価格で取引されています。しかし、日本から中国へは牛肉の輸出はできません。これは過去のBSE騒動の名残で、中国政府が全面的に輸入禁止措置をとっているためですが、中国の食肉マーケットには日本産和牛が並び、高級レストランでは”WAGYU”は人気食材になっています。輸入制限を回避するために、日本からカンボジアに輸入し、そこから中国に持ち込むというルートで取引されます。この方法では物流コストは跳ね上がることになりますが、安全で美味しい日本の食材には金を惜しまない、それが富裕層の考え方なのです。

 このように農家が海外の富裕層向けに直接販売していくことで、日本のJAに出荷するよりも遥かに高く販売することができるようになります。直販はインターネットでの販売により、誰でも容易にできるようになりました。物流は現代の物流業者のルートに乗せてもよし、海外専門の買い付け業者に直接販売する方法もあります。これらの方法で、日本の生産者が「直接」「海外の富裕層(またはバイヤー)」に販売することを始めれば、現在の数倍から十数倍の収入を得ることが可能となり、一気に儲かる産業に変貌します。そうなれば新しく若い人たちが農業に目を向け始めるかもしれません。

 なお、農地のある田舎でしか就業できないという点もネガティブですが、今後の働き方改革でのテレワークの拡大で、都心で仕事をすることの意義はこれから希薄化していくでしょう。そうなれば田舎で就業することが強いデメリットではなくなります。デジタルネイティブな若者達が、サイバー上のコミュニケーションツールをフル活用し、相互にやりとりされる情報は物理的な距離を克服して、全く新しいアグリビジネスの姿が生まれてくるかもしれません。

 日本の農業は今のままでは、担い手の不在で自然消滅していく運命でしょう。日本の消費者の財布の紐は固く、賃金も上がらない状態では、農業を儲かる業態に変貌させるほどの値上げは許さないでしょう。もう日本の消費者の需要量や購買力では、衰退する農業を救うことはできないのです。日本の安全で高品質な農産物の価値を本当に知っているのは、自国が水不足や公害に悩まされている海外の目利き達であり、日本の消費者自身が日本の農産物の本当の価値をわかっていないというのは実に皮肉なことです。日本の農産物のほとんどが海外で売られ、日本のスーパーの棚にはTPPで安くなった外国産農産物が並ぶ、そのようなある意味ブラックな世界がまもなく現実になることでしょう。

マンデ